引越し 洗濯機 水抜き

引越し前の洗濯機の水抜き作業

洗濯機の水抜きは必ず引越し前日にやっておきましょう。

引越し屋さんには、洗濯機の水抜きを事前にやっておいてくださいと言われます。
それでもって、洗濯機のメーカーのお客様センターに電話をかけても、込み合っていてなかなかつながらないことがよくあります。
ちなみに、洗濯機のほか、冷蔵庫の水抜きも必要です。
どちらも電化製品なので、しっかり水抜きをしないまま引越しで傾けたりして運ぶと、故障する可能性がありますし、新居がいきなり水浸しの悲劇に襲われるリスクもあるので、ちゃんと水抜きをやりましょう!

 

また、ドラム式洗濯機の場合には、たいてい裏側に固定する金具があるので、取り付けするときに忘れないように!

 

洗濯機の水を抜く前に準備するもの

  • 雑巾や不要なタオル
  • 水を受けるタライや洗面器など

雑巾やタオルは、水を抜くときに、洗濯機本体や床などが水で濡れてしまう場合や、汚れをふくために使います。
また、水を受ける洗面器やお風呂の桶は、給水ホース・排水ホースから流れる水を受けるために使います。
必ず準備しておきましょう。

 

水抜きをするときは、給水ホースを先にぬいて、次に排水ホースを抜くこと。

先に水道栓のついているほうの給水ホースを抜きましょう。
そのあとに排水溝につながる排水ホースを抜きます。
そうしないと、排水ホースを抜いた後に汚い水が床などに漏れてしまう可能性があります。
水の栓は上から順に止めましょうね!

 

給水ホースの抜き方

  1. 給水ホースを抜く前に、つながっている水道の蛇口をしっかり締めて水を止めましょう。
  2. 洗濯機のふたを閉めて、電源を入れます。
  3. 水量ボタンを押して、スタートボタンを押します。
  4. スタート後、10秒くらい経過したら本体の電源を切って下さい。
  5. 蛇口の推薦の継ぎ手から給水ホースを外します。このとき水がホースから出る可能性があるので、水受けを用意します。

 

排水ホースの水抜き方法

  1. ふたを閉めて、電源を入れましょう。
  2. 脱水ボタンを押してから、スタートします。
  3. 脱水終了後に、ふたを開けて、洗濯機の中の水をタオルなどでふき取ってください。
  4. 床が濡れないようにタオルと水受けを用意して、排水溝の近くにもっていき準備します。
  5. 排水溝から排水ホースを抜いて、ホース内などの残っている水を出しましょう。
  6. 排水ホースの先端にはたいていフックがついているので、そのフックを洗濯機本体に引っ掛けて上を向かせます。

 

洗濯機の水抜きも含め、引越し作業をお任せすることも可能!

引越し業者の中には、らくらくパックや、おまかせパックという形で、引越しの事前準備もすべて請け負ってくれるサービスを提供しているところもあります。
洗濯機の取りはずし・取り付けなどは水漏れの恐れもあり、すべてお任せすることができます。
また、事前準備の中から面倒なもの・大変なものだけを選んでお願いすることもできます。
サービス内容の比較や、料金比較は一括見積りをすれば、無料で分かります。

 

ミニ引越し専用プランや、小さな引越しが得意な引越し業者を探す!

ミニ引越し

引越し価格ガイド】は100社以上に引越し料金を無料で一括見積もりするので、
  ・引越し地域が特に得意な業者
  ・ミニ引越しプランを専用で用意している業者
  ・引越し予定日に一番好条件を出せる業者
をすぐに見つけ、荷物の量や距離に合わせた引越し料金の相場チェックや比較がカンタンです。
ココから見積もると最大50%引越し料金が安く!入力約1分
場所や予定が完全に決まってなくても大丈夫!

ミニ引越し料金が50%割引に!?

引越し●日前までにやっておくべき、洗濯機の水抜き方法関連ページ

引越し日の洗濯機の運び方、故障しないように注意!
引越し日の洗濯機の運び方、故障しないように注意すべき点についてまとめてみました。引越し業者さんを信じすぎると思わぬ落とし穴にはまってしまいます。。
引越し先でいきなり水漏れは避けたい!洗濯機の取り付け方
新居の引越し先でいきなり水漏れは避けたい!洗濯機の取り付け方と注意点についてまとめてみました。設置するときは注意!
引越しする機会に洗濯機を処分するなら、損しないようにしましょう!
引越しする機会に洗濯機を処分するなら、損しないようにしましょう!
引越し前に洗濯機を高く売るには??
引越しの荷物の中でも大きい洗濯機。処分するなら早めに検討しましょう。引越し前に洗濯機を高く売るには??
引越し時に洗濯機を買い替える時の注意点
引越し時に洗濯機を買い替えをするなら、この手順がおすすめです。以外にかかるリサイクル料金の支払いがゼロに!