引越し 洗濯機 運び方

引越し日の洗濯機の運び方、故障しないように注意!

引越し時には引越し業者さんが洗濯機を運ぶのがふつうですが・・・

 

しかしながらここに落とし穴があります。

 

引越しの込み合うシーズンともなると、作業員は全員がプロというわけではなく、アルバイトの比率も多くなります。
大手の引越し業者さんなら、アルバイトさんでも最低限の引越しの運び方の研修を受けていたりします。
一方で、中小の引越し業者さんの場合、アルバイトの素人がそのまま荷物を運ぶケースもあります。
こういったとき、乱暴に洗濯機を運ばれると、電化製品は故障する可能性があるのです。

 

さらに悪いことに、大手だからと言って安心もできません。
大手の引越し屋さんに頼んでも、下請け業者が引っ越し作業で派遣される場合もあるからです。

 

そのため、引っ越し業者さんに運んでもらうとしても、その運び方をしっかりと監督しましょう。

 

洗濯機を斜めにして運ぶと故障するかも!

通常の全自動洗濯機の場合は、斜めにして運ばないように気を付けます。
理由は洗濯機の中の洗濯漕の設計が、デリケートにできていて、斜めにすると壊れる可能性があるためです。
洗濯漕はフックで数か所洗濯機本体の中でつるしてあるような作りになっていることがほとんどです。
そして、もしそれが外れると分解して直さなくてはなりません。
普通の人には分解することは無理なので、斜めに運ばない・運ばせないようにしましょう。
階段などを移動するときは特に注意しましょう。

 

最近のドラム式洗濯機は一人で運ぶのはNG!

最近のドラム式洗濯機はとても重く、70~90キロくらいの重さがあります。
重さを考えると、最低でも2名で運ばねば非常に危険です。
作業員が一人で運ぼうとしている場合は二人以上で運ぶように指示・注意してください。
ドラム式の洗濯機の場合も、全自動洗濯機と同じようになるべくそのままの角度で運ぶようにしましょう。

 

ドラム式でさらに注意するのは固定金具!

ドラム式の洗濯機を運ぶ時はもう一つ、大切な注意事項があります。
ドラム式洗濯機を固定するための金具(取り付け用の道具)が必ずあるはずです。
これは購入時に必ず渡されているはずなので、それの有無をチェックしてください。
もしなければ取り寄せが必要です。
(引越し業者さんにも金具ありますか?と聞かれます)

 

また、設置が終わったら、その金具は必ず取り外してください。
そのままにしておくと、移動専用の金具なので、振動などで洗濯機が故障する原因になってしまいます。

 

洗濯機を運ぶ際の全体的なチェック項目

  • 水抜きをしっかりやっているか?
  • 斜めに運ばないように。まっすぐを保って運んでいるか?
  • 重い洗濯機を少ない人数で運ぼうとしていないか?
  • ドラム式の場合、固定用金具があるか?終わったら取り外したか?

 

引越し日の洗濯機の運び方、故障しないように注意!関連ページ

引越し●日前までにやっておくべき、洗濯機の水抜き方法
引越し時には洗濯機の水抜きに注意!事前に準備しておく洗濯機の水抜きのポイントについて
引越し先でいきなり水漏れは避けたい!洗濯機の取り付け方
新居の引越し先でいきなり水漏れは避けたい!洗濯機の取り付け方と注意点についてまとめてみました。設置するときは注意!
引越しする機会に洗濯機を処分するなら、損しないようにしましょう!
引越しする機会に洗濯機を処分するなら、損しないようにしましょう!
引越し前に洗濯機を高く売るには??
引越しの荷物の中でも大きい洗濯機。処分するなら早めに検討しましょう。引越し前に洗濯機を高く売るには??
引越し時に洗濯機を買い替える時の注意点
引越し時に洗濯機を買い替えをするなら、この手順がおすすめです。以外にかかるリサイクル料金の支払いがゼロに!